効果の持続を伸ばすための工夫


除毛ローションは使用したその日からツルツルでムダ毛が無くなりますが、毛根を生成する細胞に影響を与えるものではないため、一般的には一週間程度ですぐに新たな毛が作られ始めて、毛が濃く太い人などは3日程度で生え始め効果の持続が長くない人もいます。

だからと言って頻繁に除毛ローションを利用すると肌を傷める可能性があるので、肌に潤いを与えて整えてくれる成分が添加されているものを利用するか、除毛だけでなくよく毛できるローションも併用すればツルツルの期間が長く保てるようになってきます。
使っている除毛ローションが、他のものと併用することができるのか確認してから利用すると良いです。


 

除毛ローションの効果の持続期間を長くする方法    



除毛ローションの効果の持続期間は、個人差があります。スッキリ


髪の毛が伸びる早さが人によって違うように、体毛も個人によって伸びる早さが違います。
平均すると4日~5日で、中には1週間以上効果が続く人もいます。


除毛ローションは、体の表面のむだ毛を溶かすだけなので、長期間の効果を期待するのは難しいのです。
除毛ローションの効果の持続期間を少しでも長くするためには、除毛後に保湿クリームを使う方法があります。


保湿クリームは、むだ毛が生えてくるスピードを遅くすることができるし、新しく生えてくるむだ毛を細くする効果も期待できます。




 

普段のお手入れも工夫しよう    




家庭で毛のお手入れする際に使用するアイテムはカミソリなどが一般的ですが、除毛クリームを使いムダ毛の手入れをする場合も、効果の持続という点からやはり定期的におこなわなくてはいけません。

ただ、除毛ではなく毛が生えるスピードを遅くしたり、毛を薄くするような効果のあるローションなどは毎日使用するのが良いでしょう。

これらは働きは穏やかですが使い続けることで効果の持続が期待できるものですので、普段はこのようなムダ毛を抑えるお手入れをして急な場合には即効性のある除毛クリームやローションを使うなど、場面に合わせて使い分けると効果も持続しやすく、肌への負担も少なくなります。


 

肌に優しい除毛ローション




夏になるとより気になるむだ毛ですが、カミソリや電気シェーバーは手軽に毛の処理が可能ですが
失敗すると肌に傷をつけてしまったり、毛を処理して数日するとすぐに短い毛が生えてきてしまいます。


毛抜きやエステサロンなどでのレーザー脱毛は毛が生える期間は上記よりは長いですが、その分高価で、痛みをともないます。


また、手軽に入手できる除毛クリームなどは、こちらも手軽に処理できますがにおいがきついものが多い上に風呂場を汚してしまったり、肌を痛む原因となる場合があります。
しかし、除毛ローションはどうでしょうか。毛を処理する効果はもちろんありますが、ローション自体に肌のキメを整える働きがあり、潤いも保てます。

また、毎日使用することによりその効果の持続性も高いです。
強烈な匂いもなければ肌荒れすることもなく大変肌に優しいことが特徴です。